何でなの⁈エッチで挿入しない彼…9種類の本音と理由!男性が挿入したくなる方法とは?

エッチのお悩み

付き合って半年経つ彼はキスやイチャイチャ、そして愛撫までたっぷりするのに何故か挿入しないでいつも終わってしまう
自分は愛撫でイクものの、挿入しないことに不満が募る。フェラチオをすると普通にイクから何も問題なさそうなのになんで挿入だけは頑なにしないの?これって何か変じゃない…?

付き合ってしばらくたつ彼とは普通にいちゃいちゃもセックスまがいの行為もしているのに、なぜか挿入はしないと言うことにお困りではないでしょうか。
挿入をしないなんてセックスしているとは言えないしこちらは入れてほしい、むしろ彼を受け入れたい、ひとつになりたいと思っているのに実行に移さない彼に対してモヤモヤしたり不満が募ってあり不安になったりいろいろなことを考えてしまいますよね。

私の昔付き合っていた彼も全く同じ状況で本当に何とも言えない気持ちになって落ち込んでいました。

デリケートな問題だったり、彼自身の考えがそうさせていたりと複雑な事情が絡んでいる可能性もあります。今回は挿入しない男性の本音と理由そして挿入してはいけない時にしてはいけないこと、そして彼に挿入して無事にセックスをしてする方法とは?などを解説していきますぜひこれを読んで参考にしてみてください

ラブデンマ

彼が挿入しなくて寂しい…。挿入ってそもそも何をするの?

彼が挿入して来なくてエッチタイムが終わってしまうのは誰だって寂しいと思います。女性側に下心があるとか変態とか決してそういうことではなく挿入しないと言うのはそもそもおかしな話なのです。

そもそも挿入とは?をコトバンクより一部抜粋いたします。

陰茎を腟(ちつ)に挿入し精子を放出することをさす。陰茎を腟内に挿入するためには勃起(ぼっき)が必要で、勃起がなければ性交は不可能である。勃起した陰茎が腟の中に挿入され両者の摩擦によって性感が高められ反射的に射精がおこる。このような性行為の全過程を完全に果たすためには、男性側では性欲、勃起、性交、射精、オーガズムのいずれの要素も十分であることが必要で、これらの要素の一つでも欠けるかあるいは不十分だと満足な性行為は不可能

出典:コトバンク

最後の赤字を特に読んでいただきたいのですが、性欲勃起性交射精オーガズムの要素を満たさない限り、満足な性行為は不可能と明言されています。

満足な性行為ができていないのなら、それは不満に思っても無理はありません。

そもそも挿入すると言うのは男性が他の精子を掻きだすと言う行為になります。
そして他人の精液を散々掻き出した後に最後は自分の精子を中に射精する。そうすることでその男性の子供を女性に妊娠させることができると言う人間の面白い構造の下で挿入をするようになっています。

本能的な行為には思われがちですが、実際に愛し合うカップルが挿入し相手に妊娠させるさせてもらう行為は愛の証でもあります。

挿入しないことをモヤモヤするのは、おかしなことではなくむしろ解決させたほうがいいと私は思います。
ではまずは男性が挿入しない本音や理由を書きで解説していきます。まずは彼の本心を知ることがとても大切ですので以下に該当しないかいちど頭の中で考えてみてください

彼が挿入しない本音と理由とは?

男性が彼女に対して挿入しないのは何らかの理由が必ずあります。人によって事情は様々ですが、以下に例をある程度並べてみます。この中のどれかに該当している可能性が高いです。彼の本心をまずは予測して行ってみましょう。

包茎

まず彼のあれを見たことがない場合に限りますが、包茎で悩んでいる人は一定数います。男性の包茎には、

  • 真性包茎
  • カントン包茎
  • 化性包茎

と種類があります。カントンと仮性は別にいいのですが、真正の場合は相当なコンプレックスを抱えることになります。
女性にどうしても見せたくないなど本人の気持ちが後ろ向きになっている可能性が高いです。デリケートな問題ですので男性に向かって「包茎なの?」などとは聞かないようにしましょう。

童貞

男性の中には女性とお付き合いをした経験があってもセックスの経験がない方もいます。

  • そういう機会に恵まれなかった
  • なんとなく自信が持てなかった

など様々な理由で経験がないままここまで来てしまったと言うこともあります。ですので、どのように挿入していいのかわからなかったり緊張してしまったりそれを女性に言うのが恥ずかしいと思っていたりいろいろな事情で話すことができなかったりする場合もあります。

「〇〇くんって…シタことある?」と、そっと優しく聞いてみるといいかもしれません。ウソはつけないため正直に話してくれるかもしれません。デリケートな話題なのでタイミングなどを見計らって聞くのがおすすめです。

早漏、遅漏

男性の中では射精するのは一定の平均値より早すぎたり遅すぎたりすることを早漏遅漏と言う言い方をします。

こちらも包茎や童貞と同様に男性はかなりコンプレックスに思うことがあります。遅漏の場合セックスを長く楽しむことができますが、反対に早漏の場合だと挿入した瞬間にイってしまう人も中にはいるようです。

それがあなたに対してバレたくない気持ちであえて挿入だけをしないようにしていることもあります。

形が特徴的

一般的にペニスはまっすぐしていて12センチ~18センチ位で…等々、平均的な男性器のそれを想像するかと思いますが、中には曲がっていたりものすごく小さかったり形が特徴的だったりとその形状に対してコンプレックスを抱いて女性に見せたくないと思っている場合もあります。

女性器も同様でいろいろな形や色があったりして個性的ですよね。普段は服で隠れているので気に留めませんが、実際に見せるとなるとやっぱりそれなりに素敵な形だったらいいなぁなんて思いますよね。
彼女に見られて引かれたり嫌われたりしないか心配になっていて見せたくないと思っていることもあります。

勃起しない(ED)

男性の中には何らかの理由で勃起自体をしない、できないED状態の方もいます。一般的に年配の男性がなりやすそうだと思いますが、筆者の知人で20代前半でこの症状に悩んでいる方もいます。ごく身近にある問題です。
例えばお酒を飲んだ直後だったり、ひどく疲れていたり、仕事のストレスを抱えていたり、元々の体質だったり、原因は様々ですが勃起をしない限り挿入する事は実質不可能です。

この勃起しない可能性も視野に入れてみましょう。ちなみにフェラチオ等は普通にできていたり射精ができている人だったらEDの心配はないでしょう。

性欲が減退している

30代後半位からの男性に見られがちですが性欲が減退してしまっている可能性があります。男性の性欲のピークは10代から20代前半となっており、30代になるにつれて緩やかに性欲は落ちていくと言われています。

もちろん個人差がありまして20代でもそんなに性欲が強くなかったり40代を超えても性欲真っ盛りの男性もいますので何とも言えませんが、平均値を考慮すると30代を超えている場合性欲がただ単に減退している可能性もあります。こういう彼には体力アップするスポーツや筋トレを勧めたり、ニンニク料理など精がつく食べ物などを一緒に食べると良いでしょう。ですが性欲の減退は加齢に伴うものですので完全に復活させるのは難しいところもありますね。

浮気している

考えたくありませんが、他に好きな女性がいたりそちらと性行為をしていたり、あなたに対して罪悪感がある場合セックスはしないでしょう。

2人の女性と同時にセックスをすると二股になってしまいますし、他に好きな人がいるのにあなたとセックスしてしまうと罪悪感がつきまといますよね。ラブラブで毎週のようにデートや連絡を繰り返しているのならこの心配はありませんが、ちょっと彼の行動が「おかしいなぁ?」と思う人は浮気を疑ってみる良いでしょう。

この場合は、最初はセックスしていたのにだんだん挿入しなくなってきたと言う方に多く当てはまるかもしれませんね。

彼女だけセックスレス

セックスレスというと、出産した夫婦や年配の夫婦を想像するかもしれませんが、ある程度付き合いが長くなってくると恋人でもセックスレスに陥ることがあります。

毎週のようにセックスをしていたり、同棲していたり、長年連れ添っている…など、特定の女性に対して飽きてしまって性的興奮を覚えないことがあります。そうなると、面倒になってやりたがらないけれど、AVなどではしっかり射精していることもあります。

なるべく初々しいシチュエーションを心がけてみましょう。

  • いつもと違う髪形やファッションにする
  • お風呂上りに彼の前で裸でウロウロしない
  • 下ネタや下品な仕草はしない(オナラなど)

彼に再度、女として見てもらう何らかの工夫が必要でしょう。このままでは浮気の原因になったり、セックスレスのまま結婚しても結婚生活がうまくいかない原因になります。

心的インポテンツ

オーストリアの心理学者、精神科医で権威のあるフロイトによると、正常に男性器の機能が性行為を遂行できたとしても心的に何かの障害があれはインポテンツになってしまうと言うこともあるそうです。

これはどういうことかと言うと、勃起や射精はできるけれど、彼の意識によって据えることのできない心理的なコンプレックスがあなたとの性行為を妨げていると言う事だそうです。
つまり彼自身でも理解ができない心の中の何かがインポテンツを引き起こしてしまっていると言うことです。

こちらの原因に対しては様々な説がありますが、

  • 母親や姉妹など女性の家族に対するコンプレックス
  • 子供の頃の性行為に関してのトラウマ

などが挙げられます。出生から幼児期に際しての自我欲動の備給に関しては後年の子どもの発達において大きな影響を与えることとなるのです。
その時の影響が大人になった今も心の中にあり続けることで発生します。
そのため幼少期からの彼のコンプレックスや出来事については彼女であるあなたにはどうしようもない事でもあり、また彼本人もそのことについて気がついていないことが挙げられます。
この場合は精神科の受診等をお勧めいたします。我々素人で解決できる問題ではなくなってしまいます。
彼の母親との関係性や幼少期の出来事など出生に関して思い当たることなどないか考えてみるといいでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆

◆◆

以上が一般的な男性が挿入しない本音や原因です。

読んでいただいた方には分かると思いますが、挿入しない原因は以下の3つのどれかに大まかに分類されることになります。

  • 何らかのコンプレックスを抱いている
  • 男性機能の事情で射精ができない
  • 精神的な要因

あなたの彼もこの中のどれかに該当するかとは思いますが細かい事情に関してはやっぱり人それぞれ。ただし細かなシチュエーションや理由はその人によります。あるいは上記のうちのいくつかが複合していることがありますので、彼のことをよく知ることが鍵となるでしょう。

ではこのような彼とどうすればうまく付き合っていくことができるのか?

ここから下は「彼に挿入してもらうようにもっていく行動」に焦点を当てて紹介していきます。

NG!彼が挿入しない時にしてはいけないこと

私も昔の彼が挿入しない人だったので分かるのですが、

「これはやめておけばよかったなぁ…。」

と思うようなことがいろいろ今になって悔やまれます。もし下記のような行動に当てはまっている方はグッとこらえてやめておいたほうがいいかもしれません。

問い詰める(感情的になる)

挿入しない彼に対して

「どうして挿入しないのよ!こんなのおかしいわよ!」

などと罵詈雑言を浴びせたり相手に問い詰めるような言い方をしてしまったり、感情むき出しの発言はやめておいた方がいいかもしれません。

男性は追い詰められると逃げたくなる気の弱い生き物でありますので真っ正面からこのように言葉をぶつけられるとたじろいでしまい余計に本音を聞き出すことができなくなったりしてしまいます。

ですのであなた自身がまず冷静に彼と話ができる精神状態にしておくことが大切です。

無理矢理する

私はこれで失敗をしてしまったのですが、挿入しないからといって、相手が乗り気ではないのに、ラブホに連れて行ったり、夜這いして無理矢理襲うなど…。

今考えるとなぜこんなことをしたのかよく分かりませんが、挿入しないことに悶々として焦ってしまっていたのだと思います。

なんでもそうですが、無理矢理しようとすると余計に相手が嫌がりますよね。例えば親に「勉強しなさい」と無理やりさせられてると嫌になってしまう経験ありませんか。相手に何かさせたいときは言葉で無理矢理させようとするのではなく、「したい」と思うような環境を作っていくことが大切だなと今になって思っています。

ですので問い詰めたり無理矢理相手にさせようとするのはかえって逆効果になってしまうので思い当たる方は気を付けてみるといいでしょう。

嫉妬させようと他の男性と仲良くする

彼が挿入しないのは「自分に魅力がないからじゃないの?」と思って他の男性とわざと仲良くしてみたり男友達と遊びに行ったりして見せ付けたり。

これもあまり良くありません。確かに男性は嫉妬深い生き物ですので他の男性に奪われそうになるとモヤモヤして、もしかしたら激しいセックスを実行する可能性がなきにしもあらずです。

ですが他の男性と仲良くすることで彼との関係がこじれてしまったら元も子もありません。そして相手の気持ちにあまり寄り添っているやり方ではありませんのでもしこのようなことを考えたりしてしまっている人はやめておいた方が無難でしょう。

彼のとの共通の知人に相談

セックス関連の事は想像以上にコンプレックスに思っていたり、内面の問題ですので彼の共通の知人には絶対に言わないようにしておきましょう。回り回って噂がどんどん広がってしまいそれがいつか彼の耳に届いたら言いふらされた気がしてとてもショックを受けでしょう。

もし相談するのなら彼と面識のない自分の友人などが良さそうです。ただ挿入しないのは人によって様々な原因がありますので人に相談して解決するとは限りません。インターネットや書籍などの広い情報から探し出すのが1番無難な解決方法でしょう。

彼に挿入させるための3つの手法

挿入しない男性に対してはあくまでも自発的に挿入したい挿入しようと思わせるのがコツです。無理矢理とか強く言い聞かせるようにしても行動しないでしょうから挿入したくなるおすすめの作戦をいくつかこちらで紹介いたします。

自分のコンプレックスを打ち明けてみる

例えば何でも良いのですが

「胸が小さいから嫌なんだよね」とか「あそこの色が気になってるんだよね」など、あなた自身が何らかのコンプレックスを男性に正直に打ち明けて自分の弱みを見せてみると言う作戦があります。

人は相手の弱みを見せられると安心する心理がありますので、相手が自分に対して打ち明けてくれたなら、

「自分も打ち明けてみようかな?相手をもう少し信じてみようかな?」

と言う気持ちになることがあります。

彼が挿入しなくて悩んでいる人は一度こういった性的な深い話を向き合い2人で話してみると良いでしょう。もしもコンプレックスが自分になくても何かお悩みをでっち上げてみましょう。

毛深いとか乳首の色とか何でもいいですので性にまつわるいいにくいであろうことを彼に言ってみるといいです。彼も打ち明けられることで「あーこの子もそういう悩みがあるんだなぁ。」とあなたの知らなかった一面を知り、打ち明けるきっかけとなるかもしれません。

こちらは信頼関係が生まれるので仲も深まることでしょう。

自分の希望をしっかり言葉にして伝えること

男性は察するのが苦手な性分です。言わないとわからなかったり女性が何を思い考えていたり、全く以てわかっていないことがありますので、あなたは必ず彼に対して

「どうしていつも最後までセックスができないの?私はあなたを受け入れたいと思うしどうしても最後までしたいつながりたいよ。」

自分の心の内を素直に相手に話してみること。決して怒りを込めて言ったり、泣きながら悲しみの感情をむき出しにするのではなく、素直に丁寧に自分の心を開いてに打ち明けることです。こうすることで男性はあなたに対して、きちんと向き合うべきだと認識ができるでしょう。

ですが、もしこの時点であなたの言葉を聞き入れなかったり、はぐらかした態度でごまかすようであればその彼と向き合うのは少し難しいかもしれません。
どうなるかは彼次第でもあるけれど、もし彼が好きでこれからも仲良くやってきたいと思うのであれば一度実行してみるほうがいいと思います。

自分の言葉で相手にきっちり伝えるのは恋愛ではとても大切ですね。

香りで誘発してみる

男性が挿入に至らないときに香りで相手を誘発させると言う手もあります。男性は女性を見て興奮するときに目で見る視覚情報がありますが、実は他にも嗅覚で女らしさを感じとることもあるのです。

出典:アロマライフスタイル

図のように「嗅上皮」で香りを識別し、そのまま感情を司る、大脳辺縁系という場所に送られます。

大脳辺縁系に送られた香りはそのままじんわりと脳内に感情として認識されるように働きます。

この仕組みから、嗅上皮へ香りの刺激を与えると男性が性的な衝動を得やすくなる仕組みとなります。更に、香りと言っても色々とありますが、性的な感覚を与えるひとつとしてオスモフェリンが有効であることも分かっています。

研究者カール・グラマー博士の実験によれば、オスモフェリンをかけた状態の写真を男性に見せることで、男性のテストステロン値が150%以上も増加

参考文献:news.bbc.co.uk

男性のテストステロンは性衝動に関わる男性ホルモンで最重要。増加させることに成功したオスモフェリンの威力が上記の実験で判明されました。

男性である彼にこれを嗅がせることで衝動的に誘発するきっかけになるかもしれません。オスモフェリンは薬品ですが、これが含まれた香水などを利用してみるととてもやりやすいです。

ただしオスモフェリンが含まれる香水ですので、「好きな人以外の前では利用をお控えください」と注意書きがあります。取り扱いに注意し、なるべく彼と2人きりになったときやデートの前などで軽く振ってみるのがお勧めです。

オスモフェリン入り香水リビドーを更に詳しく≫

挿入しないのは内面の問題が隠れていることも。丁寧に扱おう(おわりに)

エッチで挿入してくれないのは、女性なら誰でも寂しい気持ちを持つのは当然のこと。
そして、寸前まではしているのに、最後の最後に挿入しないと言うのは生物学的に考えても不自然な行動である事は間違いありませんので、入れてほしいと思う気持ちは必ず大切にしてください

ですが、やはり男性にとってナイーブな問題が隠れていることがありますので相手に無理矢理聞き出そうとしたり感情的になるのはやっぱりNG!

自分の気持ちを打ち明けたり相手としっかり話し合って向き合いながら問題を解決させていってみましょう。

性的なお悩みはどうしても人に言いたくなかったりすることもありますので彼の気持ちを尊重しながら向き合うようにしていってみましょう。いつか、気兼ねなく愛し合う時間を迎えられるように応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました